So-net無料ブログ作成

「敵こそ、我が友〜戦犯クラウス・パルピ1の3つの人生〜」(8asahi)

重層的な20世紀裏面史
戦犯.jpg
 クラウス・パルピー(1913〜91)、またの呼び名は(リヨンの虐殺者(ブッチャー))。多くのフランス人に
とっては、許しがたき存在だが、一体、彼は何者か?
 ナチス・ドイツのゲシュタポとして、彼は43年、リヨンで抵抗運動の統一者ジャン・ムーランを逮掃、拷問。ムー
ランはドイツヘ護送中死んだとされている。更に多くのユダヤ人を収容所に送ったが、孤児院の子供たちの命まで奪
い、生き残ったのは1人。戦後は米陸軍情報部(CIC)に雇れれ、冷戦下、反共政策の工作員として活躍した。
 フランス側のパルピー引き渡し要求をかわすため、CICは彼と一家を南米のボリビアに逃がす。51年から83年ま
で、パルピーはナチス残党の首謀として、第四帝国の建国を夢見た。ここまでは、他の優れたドキュメンタリーでも
追及されてきた。
 本作は、ムーラン、ユダヤ人、わけてもチェ・ゲバラ暗殺計画に彼が関与した新事実を縦糸に、出生から、3度の
変名、獄死までを横糸とし、20世紀の裏面史を重層的に決り出す。
 スコットランド出身のケビン・マクドナルド監督は、数多くの資料証言を土台に深い闇に迫る。問題はあまりに複
雑で、理解出来にくい点もあるが、世界の権力構造は今も決して変わるまい。歴史は長い年月をかけて検証するも
の。それにしても事実は想像を絶し、真相は謎だ。
 恐怖の弁護士と言われるヴェルジェスはパルピー裁判の法廷で、被害者であるフランス人は加害者でもあ息と指摘
し、人間の責任を追及する。政治、歴史を超え、裏切り、関節醐細鰯配宛㈹重要な作品である。
  (秦 早穂子・評論家)
 26日から、東京・銀座テアトルシネマ他で順次公開。

コメント(1)  トラックバック(0) 

コメント 1

えなり


おっさん童★貞が15万ゲットォォォ!!!!
若いコに筆おろししてもらえるとかマジ勝ち組すぐるwwwww

ていうか女とやるって意外とカンタンなんだなwwww
最近じゃ俺のメタボディを武器に、おにゃのこハメまくりっすよ!(*゚∀゚)=3
http://jehpes6.becquerel.tubuyaku.com/jehpes6/
by えなり (2011-04-02 04:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。